ポールを巻き込み前後ドアに損傷が発生しました。
ポールを巻き込み前後ドアに損傷

サイドシル(ステップ)部にも損傷が及んでいます。
サイドシル(ステップ)部にも損傷

損傷部の塗膜を鉄板まで剥離して板金作業の途中です、
スタッドで引き出し、ハンマーでならし、絞り作業で延びた鉄板を縮め整形します。
DSCN2731

鉄板を整形し、指で押してもペコペコしないよう張りが出てようやくパテ作業に進められます。
DSCN2742

最後に使用するキメの細かいポリパテを付けました。
DSCN2764

ポリパテを研ぎ終わりました、後のサフェ作業がスムーズに行えるよう丁寧に整形します。
DSCN2765

サイドシルにサフェーサーが入りました。
DSCN2766

前後ドアにサフェが入りました、サイドシルの修理があるため前後ドアは取り外して塗装作業を行います。
DSCN2767

ドアが、サフェ等の研ぎとマスキングが終了し塗装の準備が出来ました。
DSCN2781

リアドア裏面シーリング部にも損傷が有りましたので後々錆びが発生しないようにシーリングも一部修正しました。
DSCN2782

ベース(色)塗装が終わり、仕上げのクリアー塗装の途中です。
DSCN2794

ドアの塗装が終わりました。
DSCN2795

ボディーの塗装が終わりました、ボディーの塗装はサイドシル部ですが、ゴミが塗装部に付かないよう、また、塗料がボディーに付着しないように丸ごとマスキングしました。
DSCN2796

後に塗膜がヤセ無いよう塗料メーカー指定の時間より長めに加熱乾燥しました、
乾燥硬化後、取り外したドア及び部品を組み付け終わりました。
DSCN2800

ポリッシングが終了しました、ヤセの少ないクリアーを使用していますが、溶剤分が抜け、硬化反応後は塗装直後に比べ少しだけツヤが引きますのでポリッシング(磨き)を行います。
DSCN2801

ポリッシングが終わり完成しました。
DSCN2815

(Visited 437 times, 1 visits today)