30プリウス左側修理例

左側フロントドアよりクォーターパネルまで修理しました。

クオーターパネル、ロックピラー部を引き出すため旧と膜を除去しました。

フレーム修正機を使用し損傷部を引き出します。

数回のパテ作業の後、仕上げのポリパテが付きました。

ポリパテを整形し、サフェーサーが入りました。

塗装が終了しました、損傷の大きいリアドアは新品パネルを使用しています。

組み付けを行い、ポリッシングをして完成しました。

(Visited 41 times, 1 visits today)

Follow me!