ニッサン スカイラインGTR リアフロア及び右クオーターパネルに発生した錆を除去、防錆修理例(後編)

ニッサン スカイラインGTR リアフロア及び右クオーターパネルに発生した錆を除去、防錆修理例(後編)

前篇をご覧になっていない方はこちらから

錆びて穴の開いた部分は鉄板を溶接してふさぐため、大きめに穴を広げ処理します。

穴をふさぐための鉄板を整形して作ります。

隙間無く溶接を行い、余計な部分を削り落としました。

パテ作業により綺麗に復元します。

パテ整形が終わりサフェが入りました。

フロア下面は、錆落とし後、サビキラー処理を行い、山の大きめなアンダーコートを吹付けました。

各部シーラーが劣化してきても安心できるよう、水漏れが無い部分も再シーリングしました。


塗装が完了しました

再度、水密検査を行い、異常が無い事を確認して組み付けを進めます

スペアタイヤ等、を組み付け完成します。

組みつけが完了し、完成しました。

(Visited 79 times, 1 visits today)

Follow me!