カローラフィールダー左後部クオーターパネル修理例

左クオーターピラー部のダメージを修理いたします。

鉄板が中へまわりこんでいます。

板金修理を行うため鉄板面をムキ出しました。

スタッド作業の準備が整いました、スタッド及びハンマリングにて整形します。

切開も行ったので、切断した部分を溶接し、鉄板面の整形が完了しました。

鉄板面を平滑にならし、パテ作業にかかりました。

パテ整形が終わり、サフェーサーを吹く準備が整いました

サフェーサーが入りました。

サフェを研ぎ、周辺部を足付けし、マスキングを行い塗装を行いました。

鉄板の合わせ目にはシーリングを行っています。

加熱乾燥後、ポリッシングを行い完成しました。


この度はS様、誠に有難う御座いました。

(Visited 59 times, 1 visits today)

Follow me!