ダイハツ コペン フロントバンパー交換とオール磨き作業例

全体的にボディーの光沢が劣化してきているのと、社外品フロントバンパーにダメージがあるのでボディーは磨きを行い、フロントバンパーは純正新品に取替作業を行いました。

純正バンパーに合わせるためボンネットに装着されているグリル部品を取り外します、加熱を行いアルミボンネットにダメージを与えないように作業を行いました。

溶剤で両面痕をふき取り、耐水ペーパーにてプライマー痕を研ぎこみました。

バンパーを外し、フォグランプの配線を、もとどうりにする作業を行いました。

取付前の新品バンパーです、グリル及びフォグランプはリサイクルパーツを使用して組み換えを行いました。

バンパーの取付を行いました。

ボディーを拭き上げ、マスキングを行いポリッシングを行いました。

最初はスポンジバフと細めコンパウンドの組み合わせで磨き、次に極細目コンパウンドと細めスポンジバフにて磨き込み、艶を新車時に近づける作業を行いました。

最後にダブルアクションポリッシャーを使用しバフ目、オーロラの出にくい作業を心がけています。

磨きを行う前の状態になります。

磨いた後の状態になります。

ボディーをコンパウンド残りが無いか?確認しながら拭き上げを行い、清掃して完成しました。

この度はW様 誠に有難う御座いました。

(Visited 23 times, 1 visits today)

Follow me!