ジープ グランドチェロキー 左バックミラー修理例

ミラー先端部の素地まで達するキズの修理を行います。

素地に入ったキズをサンディングにてキズがなくなるまで研ぎ出します。

サフェーサーを吹き付けるため、樹脂プライマー処理を行いました。

ABS素材に直接パテを付けると『中ウミ』『縮れ』等、トラブルの原因になるため、先にサフェーサーを吹きました。

サフェを加熱乾燥させた後にポリパテを薄く付けました。

ポリパテを加熱乾燥後、研磨整形を行いました、キズを研ぎこみ低くなった分をパテで整形しています。

パテ整形の後、サフェーサを吹きました。

サフェーサーを研ぎ、塗装部全体に研ぎを行いマスキングが完了しました。

脱脂清掃を行い塗装が完了しました。

加熱乾燥硬化を行い完成しました。

この度はM様 誠にありがとうございました。

(Visited 28 times, 1 visits today)

Follow me!