ムーヴキャンバス 台風によって発生した損傷の修理例

台風による飛来物でフロント回り、ルーフ、左クオーターパネル回りの損傷を修理致します。

ルーフ、ボンネットは凹みになっています。

スライドドアレールカバーは、損傷が大きいので取替を行います。

フロントバンパー、ヘッドライトは損傷にて取り替えました、
バンパーの奥のクーラーコンデンサーまで損傷が及んでいたのでコンデンサーも交換いたしました。

錆が発生しているので、サンドブラストを使用して奥の奥まで錆の除去を行います。

砂でボディーがキズにならないようにビニールにて万全に養生(マスキング)を行い、スタッドを使用して凹んだ鉄板面を修正します。

スタッド痕をサンダーで落とした後にパテ作業に移りました。

損傷を受けたミラーカバーを新品に取り替えます。

各部、パテ作業を終えて、サフェーサーを吹きました、ルーフ上なので一台丸々マスキングを行っています。

加熱を行い確実にパテ及びサフェーサーを硬化反応させます。

サフェ研ぎ足付けマスキングの後、塗装を行いました。


レールカバーは素地の樹脂製なので、プライマー、サフェーサー工程を行い塗装を行いました。

板金修理、塗装、アンテナの交換を行うにあたり、ルーフヘッドライニング(天井の内張)を交換の為、慎重にルーフより剥離作業を行いました。

シーラーで接着されているため、脱着が出来ず新品に交換いたしました、新車時同様に再びダイハツ純正シーラーを流して取付作業を行います。

ヘッドライニングを脱着、交換するために分解した内張の組付けを行います。

新品のフロントガラスの取付を行います。

フロントガラスを取替たので、スマートアシストのエイミング(狙いを調整)を行いました。

ナンバープレート待ちですが、ポリッシング、診断機初期設定を行い完成しました。

この度はN様 誠にありがとうございました。

(Visited 31 times, 1 visits today)

Follow me!