ダイハツタント ヘッドライトコーティング剥がれの修理例

社用車タントのヘッドライトですが、以前施工を行ったレンズリフォーマー2が劣化にて上部より剥がれてきたので再施工を行います。

黄ばみと上部が剥がれてきています。


ライトの脱着を行わず修理するので周辺部にダメージを加えないようにマスキングを施してから作業を開始致します。

旧レンズリフォーマー塗膜をすべて研ぎ落してペーパーの番手を細かくしていきます。

ダブルアクションポリッシャーを使用して水研ぎを行い、ペーパー目を更に細かくしていきます。

コンパウンドを使用して通常のポリッシャーにてペーパー目が消えて艶が出るまで磨きます。

吹き付けるレンズリフォーマー2を秤を使用して、正確に主剤と硬化剤を配合、攪拌しました。

剥がれにくくなるようにきっちり3回厚めに吹いてみました。

車全体を覆うマスキングも行いました。

乾燥後、マスキングを剝がして完成しました。

(Visited 35 times, 1 visits today)

Follow me!