ニッサン キャラバン リアゲート、クオーターパネル交換修理例

接触により発生した後部のダメージの修理を行います。

リアバンパー、リアゲート、クオーターパネルパネルの損傷が大きいので交換にて修理を行います。

交換作業ですが、先にあらかじめ引き作業を行った後にパネルを剝がし、中のパネルからスポット溶接を使用して付けていきます。

クオーターパネルにカットを行いスポットを打つ部分は鉄板をムキ出し防錆処理を行っています、構造用接着剤も使用してクオーターパネルの溶接作業を行いました。

半自動溶接機で溶接した部分にベルトサンダーを使用して平らに研磨を行いました、穴が有る場合は必ず半自動もしくはハンダを使用し埋めきります。

溶接が終わった後は、ゲート、バンパーを仮合わせして建付けの確認を行います。

鉄板面を綺麗にしてからパテ作業に移りました。

パテ整形が終わりサフェーサーの塗装を行いました、スポット溶接の裏側も届く限りサフェを筆塗りして防錆効果を高めています。

リボンシーラーを使用して新車に近い形状のシーリングを行っています。

粒子の荒い水性アンダーコートの吹き付けを行いました。

別件にて発生した左スライドドアのダメージを一緒に修理を行いました。

パテ作業が終わりサフェーサーを吹き付けました。

足付けマスキングを行い塗装準備が整いました。

ボディーとスライドドアに塗装を行いました。


よりよい仕上げを目指し、ブースを広く使う為、ゲートと小物は別に塗装を行いました。


組付け、ポリッシング、防錆処理を行い完成しました。

この度はW様 誠に有難う御座いました。

(Visited 7 times, 1 visits today)

Follow me!