フォルクスワーゲン シャラン リアバンパー修理例

リアバンパー左側のキズを修理致します。


周辺部に傷をつけないようにマスキングテープでガードをしてから、傷を平らになるまでダブルアクションサンダーを使用して研ぎ出しを行いました。

樹脂パーツプライマーを塗布後、柔軟性のあるバンパー用サフェーサーの塗装を行いました。

サフェを研ぎ、周辺部に足付けを行いマスキングが完了しました。

塗装を行いました、柔軟性のあるバンパー用のクリヤーを使用しています。

加熱乾燥後、ポリッシング作業を行いました。

コンパウンドの粉など、周辺部の清掃を行い完成しました。

この度はT様 誠にありがとうございました。

(Visited 74 times, 1 visits today)

Follow me!