マツダ CX-8 左後部修理例

左クオーターパネル、リアバンパーの修理を行います。

ダメージ部をダブルアクションサンダーと手研ぎファイルを使用して平滑に研ぎ出しました。

鉄板部のキズが深い部分はベルトサンダーを使用して傷の奥まで錆を落とします。

マスキングを行い、樹脂部にはPPプライマーの塗布を行いサフェーサーを塗装する準備が整いました。

サフェーサーが入りました、加熱乾燥を行った後にサンディングを行います。

ボディーとバンパーはクリアーが違うので先にクオーターパネルの塗装を行いました。

バンパーは柔軟性のあるバンパー仕様のクリアーを使用します。

兼ねる乾燥後、組付け、ポリッシングを行い完成しました。

この度はI様 誠に有難う御座いました。

(Visited 25 times, 1 visits today)

Follow me!