マツダ アクセラ左側修理例

フロントバンパー左側、フェンダー、前後ドアにおける損傷の修理例

フェンダーとバンパーは接合部の損傷を修理致します。

フロントドアからリアドアへの損傷を修理致します。


ドアハンドルを修理致します。

ドアパネルが大きく中に入っているので、フレーム修正機を使用して正しい位置まで引き出しを行っています。

スタッドを使用して引き出しを行い、細部をハンマーを使用して平滑に整形を行います。

フェンダーもタワーを使用して取り付け部を正しい位置まで引き出しを行いました。

ハンマーを使用して鉄板面を平滑に整形しています。

損傷部の塗膜をサンダーを使用して剥離を行い、綺麗に鉄板面を出してパテ作業に移行します。


一回目は強度のあるファイバーパテを使用しました。

ファイバーパテを整形した後に、目の細かい中間パテを使用して仕上げを行います。


加熱整形を行った後に、パテ整形を行う為、損傷部をサンディングをしています。

プライマーを使用後、バンパー用パテを付けています。

フェンダーとバンパーの整形が正しく行われているか、仮合わせをして確認を行いました、もう少しパテ整形を行わないと隙間が不自然です、研いで整形を行い再度合わせて確認しました。

ドア、アウターハンドルのキズを段差が無くなるまで研ぎこんでいます。

バンパー等、サフェーサーを吹き付ける準備が整いました。

パテ整形、周辺部の足付け、マスキングを行いボディーの準備が整いました。

サフェーサーは5対1の二液型サフェーサーを使用しています。


加熱乾燥硬化させたサフェを研いで、周辺部を足付けを行い塗装準備が整いました。


塗装を行いました、メタリックの上にカラークリアーを塗るスリーコート塗装になります。


パーツを組付け、ポリッシングを行っています、ヘッドライトはサービスにて黄ばみの掃除を行いました。

磨きで使用したコンパウンドを掃除して、洗車を行い完成しました。

この度はI様 誠に有難う御座いました。

(Visited 109 times, 1 visits today)

Follow me!