トヨタ ハリアー 左フロント回り修理例

フェンダーパネルからフロントドアにかけての損傷を修理致しました。


分解を行っています、ヘッドライトの足が割れていました、フロントピラー下部にも損傷が有りました。

新品交換するドアパネルにシーリングを行いました、リボンシーラーを使用しています。


ピラー下部を正しい位置まで復元するためにチェーンとガッチャを使用して引き出しました。


パテ整形を行っています。

パテ整形の終えたピラー部にサフェーサーを塗装しました。

新品の電着塗装のパネルには長期間塗膜性能を維持する為、必ずサフェーサーを使用します。


ピラー部を塗装しました。

サフェを加熱乾燥後、平滑に研ぎ込み塗装を行いました。

パネルを加熱乾燥後、防錆剤を吹き付けています。

サッシュテープを貼りつけています。

取り付け部にダメージの入ったヘッドライトを修理しました。

紫外線硬化型の強度のある接着剤を使用てからシーラーを塗り、水分が入らない様心掛けています。


組付けを行った後、塗装肌にポリッシングを行いました。

型紙を使用してエンブレムの貼り付けを行いました。

お預り中、バッテリーの充電が少なくなる場合が有るので充電を行っています。

診断機を使用して異常がないか?点検を行いました、過去の不具合履歴もリセットします。

点検、清掃を行い完成しました。

この度はK様 誠に有難う御座いました。

(Visited 18 times, 1 visits today)

Follow me!