ホンダN-ONE バックドア修理例

ホンダエヌワンのリアゲートを鈑金による修理を行わせて頂きました。
修理前の損傷状態です。


分解を行い、裏側からの鈑金、スタッドを使用した仕上げの成型を致しました。


焦げ跡、塗膜を残さないように鈑金部分は丁寧に鉄板を研ぎ出します。


塗膜のフチにサンディングを行いなだらかな面を研ぎだした後にパテ作業に移りました。

仕上げのパテ整形が整い、サフェーサーを吹く準備が出来ました。
パテは季節に係わらず、必ずヒーターを使用して加熱硬化を行います。

サフェーサーの塗装を行いました、染まりやすいように白いサフェを使用しました。

兼ねる乾燥後、サフェ研ぎ周辺部の足付け、マスキングの後に塗装を行いました。


加熱乾燥後、鈑金部パネル裏側に防錆ワックスの塗布を行いました。

ポリッシング後ですが、型紙を使用してエンブレムを元の位置に貼りつけることを心がけています。


清掃、点検を行い完成しました。

この度はI様 誠に有難う御座いました。

(Visited 20 times, 1 visits today)

Follow me!