ダイハツタント 左クオーターパネル修理例

バンパーとの隣接部の損傷を修理致します。

透かして見ると凹みが発生しています。

外板が中に押し込まれている可能性が有るので計測を行います。

中に入っている鉄板面をスタッドを使用して引き出を行いパテ付けが出来るように下処理を行います、サンドブラストを使用してサビを完全に除去しました。

強度のあるファイバーパテを使用しました。

目の細かい中間パテを使用して仕上げました。

加熱乾燥後、サフェーサーを塗装しました。

加熱硬化の後に、塗装を行いました。

加熱乾燥後に組付け、ポリッシングを行い完成しました。

この度はS様 誠にありがとうございました。

(Visited 32 times, 1 visits today)

Follow me!