ニッサンノート 左フロントドア修理例

左フロントドアの中央よりやや後ろ側にポールのようなものにて凹んでしまったダメージを修理致します。

縦に凹んでいます。

損傷範囲を見定めてから引き作業に移ります。

スタッド熔植にて引き出し作業を行う為、鉄板面の塗膜をサンダーを使用して綺麗に研ぎ出しました。

スタッド引き、及びハンマリングを行った後に再び鉄板面にサンダーをかけ、鉄板面を綺麗にしてからパテ付けに進みます。

脱脂、乾燥させた後に、しごくように適度に盛れる中間パテを付けます。

仕上用の、目の細かい180番ポリパテを付けて加熱硬化を行っています、各パテごとに必ず加熱硬化させています。

ポリパテを整形して、周辺部を足付け、マスキングを行いサフェーサー塗装の準備が整いました。

エアブロー、オフ拭きの後にサフェーサーを塗装しました。

サフェが周辺部に付着しないように一台丸ごと養生を行いました。

サフェを研いで足付け、マスキングを行い塗装準備が整いました。

工場内にて塗装を行いました。


水切りモール、アウターハンドルなど、分解はせずにマスキングを行いました。

遠赤ヒーターを使用して加熱硬化を行っています。

いくつか糸ゴミが付着したので、ポリッシングを行いました。

エンブレムを貼りつけ、動作確認を行い完成しました。

この度はF様 誠にありがとうございました。

(Visited 22 times, 2 visits today)

Follow me!