プリウス プラグインハイブリッド リア回り修理例

プリウスPHV リアバンパー取り換え、リアゲート、バックパネルの修理を行います。

後ろにあててしまいリアバンパーに損傷が発生しました。

バックドアまで損傷があります。

ぶつかった衝撃により、取り付け部にズレが発生しています。


分解を進め、バンパーをはずしてみると衝撃吸収部のリーンホースメントに損傷が有りました。

車内ボルト穴を使用してボディーが衝撃により縮んでいないか?計測を行っています。

テールランプハウジング回りの計測を行っています。

バンパー取り付け部が車両前方方面に押されて入っていると正しい建付けでバンパーを取付出来ません。

新品バンパーの組み換えを行いました、ホースメントも新品を使用します。

計測の結果、寸法の縮みが有り、フレーム修正機を使用して正しい位置に引き出しています。

計測を行いながら引き出しています。

ゲートの修理に移りました、損傷部をサンディングした後に、樹脂パーツに対してより密着するバンパーパテを付けました。

加熱乾燥後、当て板を使用して研ぎ出し、サフェーサーを塗装しました。

各工程ごとに電気ヒーターを使用して加熱乾燥を必ず行うことにより修理痕が出にくくなります。

加熱乾燥後、当て板を使用してサフェーサーの研ぎ出しを行いました。

周辺部の足付け、紙はりを行い塗装が出来る状態になりました。

サフェの上にベースカラーを塗装したところです、この上にカラークリアーとトップコートクリアーの塗装を行います。

トップコートクリアーを塗装を行いました、柔軟性のあるバンパー仕様のクリアを使用しました。


加熱乾燥後、組付け、ミガキを行った後にエンブレムを貼り付けました。

灯火確認、診断機を行い完成しました!

この度はK様 誠にありがとうございました。

(Visited 34 times, 1 visits today)

Follow me!