スバルレガシー左フロント部修理例

BH5系レガシィ左フロント部の損傷を修理致します。


反対側のフロントバンパーにも損傷が発生しています。

修理を行う為、高圧洗浄機を使用して洗浄を行い、泥等の汚れを落としました。

よりよい修理を行う為、ボディーの寸法を計測しています。

ボディー上面、及び下面にて計測を行います。

引き作業を行いながら計測して、正しい寸法に近づけます。


足回りの取り付け部も引き修正を行います。

フロントバンパーは新品未塗装品なので、ハジキシラズを使用し研ぎ目を付けます。

各パーツにサフェーサーを塗装しました、バンパーは柔軟性のあるバンパー仕様のサフを使用しました。

加熱乾燥後、研いだ後に塗装を行いました。
バンパーは柔軟仕上げで塗装を行いました。

タイヤが当たり塗装が剥げたホイールハウスを修理します。

油性のチッピングコートを専用のガンを用いて吹き付けます。

加熱乾燥後に艶消し黒の塗装を行いました。

足回りの部品を取り付けられるようにするため、組み立てを行います。


プレスを使用してベアリングをハブに圧入しています。

組付中は充電のサービスを行いました。

診断機を使用して故障がないか?診断を行いました。

アライメント調整を行い、試運転で問題がなく完成しました。

この度はO様 誠にありがとうございました。

(Visited 27 times, 1 visits today)

Follow me!