トヨタシエンタ、左スライドドア、クオーターパネル修理例

左側、リアドアからロックピラーにかけて発生した損傷を修理致します。


ロックピラー部がリアドア後端に対して中に潜っています。

鈑金修理を行う為に損傷個所の塗膜をサンダーを使用して除去しました。

中に入っている鉄板を引き出すためにスタッドを高密度で線状に溶植を行い、ラインとして引き出します。

チェーンブロックを使用して損傷部を所定の位置までじんわりと引き出します。

細部をスタッド及びハンマーを使用して鉄板面が整い、サンダー掛け、エッジ取りを行いパテ付けできる状態になりました。

パテ作業に移り、最初はファイバーパテを使用しました。

仕上げのポリパテの成型が終わりサフェーサーを塗装できる状態になりました。

周辺部の足付け、マスキングを行いサフェーサーを塗装しました。

回りに付着しないようにマスキングを行いました。

ロックピラー内部は同時に作業できないので分けてサフェを塗装しました。


加熱乾燥後、サフェを研ぎ、内側の塗装を先に行います。


マスキングを直してドアを閉じた状態にて塗装を行う準備が整いました。

シリコンオフによる脱脂をした後に塗装を行います。


加熱乾燥、ポリッシングの後に防錆ワックスの塗布を行いました。

出来るだけ防錆が吹けるようにノズルの先を曲げたりしています。


組み付け、洗車を行い完成しました!

この度はF様 誠に有難う御座いました。

(Visited 55 times, 1 visits today)

Follow me!