マツダアテンザ リアバンパー修理例

リアバンパー左側面部にできた線凹みの修理を行います。


一部、分解を行い加熱しながら内側より凹んだ部分を押出し整形します。

少し高めに整形を行い、ダブルアクションサンダーを使用して整形部をならしました。

PP素材なので必ずプライマーを使用します。

足付け、マスキングを行いサフェーサーを塗装する準備が出来ました。

軟化剤入りのバンパー仕様のサフェーサーを使用しています。

加熱硬化後に研ぎ、足付けを行い塗装準備が出来ました。

塗装を行いました、柔軟性のあるバンパー仕様のクリアーを使用しました。


クリアーボカシ部等、ポリッシング作業を行います。

組付け、清掃を行い完成しました。

 

この度はN様 誠にありがとうございました。

(Visited 12 times, 1 visits today)

Follow me!