トヨタ アルファード スライドドア、クオーターパネル修理例

左側スライドドア及びクオーターパネルロックピラー部を板金修理致します。

スライドドア下部中央あたりからロックピラー部にかけての損傷を鈑金修理致します。


塗装時にゴミが吹き出ないようにスチームを使用して洗浄を行いました。

ロックピラー、ハウス側をチェーンブロックを使用して引き出します。

スライドドア外側を引き出しています、新品のマットガードを合わせながら隙間と建付けが正しくなるよう作業を行います。

フレーム修正機にセットしてロックピラー、ライン部の引き出しを行います、スライドドアと出を合わせるので何度か仮合わせを行い双方を整形します。


パテ整形が整いサフェ入れの準備が整いました。


染まりが良い様に白系の二液型サフェーサーを使用しています。

必ずマニュアルの規定時間より長めに熱をかけて硬化乾燥を促進させています。


サフェ研ぎ、足付け、マスキングを行い、塗装準備が整いました。


塗装を行いました、上塗りクリアーはニッペLXクリアーを使用しています。

マスキングの切れ目が目立たないようにバックターンテープを使用してマスキングを行いました。


防錆剤ラストップの塗布を行った後に加熱乾燥して余分な油を出しています。

数種類のノズルを使用して防錆剤を吹き付けています。

組付け作業の途中です、外したスライドドアなどを元どうりに組付けていきます。

組付けの最中にバッテリー充電を行っています。

診断機を使用して診断を行います、ドア等、脱着を行うと異常が有ったことを示す状態が残るのでリセットしています。

ポリッシングを行い完成しました。

この度はI様 誠に有難う御座いました。

Follow me!

(Visited 258 times, 1 visits today)