スバルフォレスター 左フロントドア板金修理例

左前ドア中央部の損傷を修理致します。


スタッド熔植機を使用し引き出し、修正、シボリを行い鉄板面を出来る限りパテが薄く済むように修理します。

パテ作業は、ファイバーパテ、中間パテを使用して仕上げを行いました。


二液型サフェを使用しています、サフェ吹きでもサフェーサーがボディーに付着しないように車両全体をマスキングしています。


サフェ以外の部分も細かいペーパーを使用し均一に曇るように足付け研ぎを行いました。

マスキングを行い塗装作業を終えました。


パテ、サフ、塗装は必ず強制乾燥を行い、硬化を促進させます。

乾燥後、防錆ワックスを塗布してから、修理、塗装の為に取り外した部品を元どうりに組付けています。

バッテリーの充電を行いながら、診断機を使用しリセットします。


ポリッシングを行い、完成しました。

この度はH様 誠に有難う御座いました。

Follow me!

(Visited 89 times, 1 visits today)