ミツビシ ギャランフォルティス フロントバンパー修理例

フロントバンパー左側の損傷を修理致します。

塑性変形が発生して折れが残っています。


修理を行う為にバンパーを取り外そうとしたところ、錆付いたボルトが緩まず折れてしまいました。

バンパーのステーを残し、リベットをもんで取り外しを行いました。


修理を行いやすい様に、周辺の部品を分解しました。

遠赤ヒーターとヒートガンを併用して変形部を加熱しています。

非接触型温度計で温度を確認しながら加熱を行います。

各種、道具を使用して高い部分を低く、低い部分を押出し整形を行っています。

ダブルアクションサンダーを使用して整形しきれないひずみを研ぎならしています。

ペーパーの番手を上げていき、サフェーサーを吹く前に樹脂プライマーの塗布を行います。

軟化剤を配合した柔軟性が有るバンパー仕様の二液サフを使用しています。

サフェーサーを研いで周辺部に足付けを行い塗装が出来る状態になりました。

塗装を行いました、樹脂仕様のトップコートクリアを使用しました。


加熱乾燥後、ボディーに取り付ける前に取り外した部品を組付けています。

ボルトの折れたステー取り付け部はスクリュー二本を使用して固定を行いました。

ボディーに残されたステーにリベットを打って固定しています。

グリル部にマスキングを行いコンパウンドが入らない状態でミガキを行います。

ゴミをハネたあとと、クリヤーボカシ目をポリッシングを行っています。

左右ヘッドライトのクスミを除去してみました。


周辺部の清掃を行い、完成しました。

この度はK様 誠に有難う御座いました。

Follow me!

(Visited 62 times, 1 visits today)