ダイハツコペン リアバンパー修理例

リアバンパー左側の損傷を修理致します

よりよい修理の為、リアバンパーをボディーより取り外して作業を行います。

付属部品の分解と整形を行っています。

整形を行った後、ダブルアクションサンダーを使用し表面をならしてからバンパー用パテを付けています。

加熱硬化後、パテ整形を行い周辺部を足付けしています。

色染まりの良い白系サフェーサーを塗装してから加熱を行っています。

サフェーサーを研ぎだして周辺部に足付け、マスキングを行い塗装準備が整いました。

シリコンオフを使用し、塗装面の脱脂、エアーブローを行った後に塗装作業に掛かります。

クリアーは柔軟性のある樹脂仕様を使用しました。

加熱乾燥後、新品のテールレンズを組み付けた後にボディーに取り付け、ポリッシングを行い完成しました。

 

この度はS様 誠にありがとうございました

 

 

Follow me!

(Visited 26 times, 1 visits today)