ダイハツ ムーヴキャンバス左リア側修理例

後部左側の損傷を修理いたします。

リアバンパー、テールランプ、リアゲート、クオーターパネル等、損傷が波及していました。

分解後に損傷の見落としが無いように高圧洗浄を行いシーリングのひび割れも見逃さない作業を心がけています。

押されて中に入ってしまった部位はフレーム修正機を使用して正しい寸法になるよう引き出しています。

テールランプ、バンパーに押されてシーリングも割れています。

パテ整形を行いサフェーサーを塗装する準備が整いました。

上色のそまりが良くなるように白い二液型サフェーサーを使用しました。

塗装の準備が整いました、ツートンカラーの為、二色塗装を行います。

水分が漏れることがない様に心がけてシーラーの注入を行っています。

ホワイトパール部の塗装を行いました、樹脂パーツなので柔軟性のある樹脂仕様のトップコートクリアを使用しました。

マスキングの一部変更を行い二色目の塗装を行いました、レールカバー塗装しています。

塗装の硬化乾燥着、組付けを行い診断機を使用して充電をかけながら故障診断を行っています。

ポリッシング後にエンブレムを貼りつけ完成しました

この度はN様 誠にありがとうございました

Follow me!

(Visited 46 times, 2 visits today)