トヨタライズ リア回り修理例

後退中ポールに接触して発生したダメージを修理致します。

バックドア、リアバンパー損傷が有ります。

ダイハツロッキーは同じ車なので参考にして頂けると幸いです。

後ろからの力でバンパー側面が外れてしましました。

リアゲート裏面に力が加わり割れてしまいました。

分解を進めると、ロアバックパネル、コーナーセンサーのカプラーまで損傷が波及しています。

カプラーは補給部品を使用して修理致しました。

計測を行い、ボディーの寸法を計測してから引き作業に掛かります。

左右、対角の計測を行いフレーム修正機を使用したボディー修理へ移行します。

フロアパンまで損傷が波及していました。

ロアバック、トルーフ部もつぶれています。

タワー引きは数か所に分けて引きの修正を行います。

細部をスタッドを使用して整形しています。

パテを付けるために鉄板を出しています。

パテ整形に移りました。

樹脂パーツのバックドア裏側の修理に掛かります。

同型車の廃パネルより欠損部を用意して修理致します。

パネルボンド、樹脂パテを使用し整形を行いました。

ゲート表面の成型を行います。

パテ整形の後にサフェーサーの塗装を行いました。

 

サフェーサーを研いだ後にシーリングを行いました。

ゲート裏面の塗装はベースコート塗装後、艶消し仕様のクリアを使用して仕上げました。

足付け、マスキング、塗装準備が整いました。

樹脂パーツなので柔軟性のある樹脂仕様のトップコートを使用して塗装を行いました。

後の錆発生を抑えるために防錆材を噴霧しています。

 

新品バンパー等、組み付けした後に充電気をかけながら診断機を使用した故障診断を行います。

診断機を使用して故障履歴を消去しています。

ポリッシング作業を行い完成しました。

 

 

この度はI様 誠にありがとうございました

(Visited 29 times, 1 visits today)