ニッサン クリッパーリア回り修理例

右後部、リアゲート及びクオーターパネルに発生したへこみを伴う損傷を修理致します。

損傷部の塗膜をサンダーを使用して鉄板面を露出させた後にスタッドにてチップを溶接し、フレーム修正機で引き出しています。

線状の凹みなので線状に引き出しています。

スライドマンマー付きのスタッドを使用して細部を整形しています。

バックドアの細部修正を行っています。

 

サンダーを使用し、スタッド痕を落とし塗膜際フェザーエッジをなだらかに作ります。

パテ作業に移行しました、ヤセの少ないファイバーパテから始めています。

ファイバーパテの成型が出来上がりました。

仕上げ用ポリパテを使用し、面を仕上げます。

加熱硬化、整形、周辺部の足付け、マスキングを行いサフェーサー塗装の準備が整いました。

サフェーサの塗装が終わり、ヒーターを使用して加熱硬化を行います。

サフェーサーを整形、周辺部を足付け、マスキングを終え塗装作業に移ります。

塗装を行いました。

右スライドドアは色違い感を軽減する為ボカシ塗装を行いました。

加熱硬化後、診断機を使用した故障診断を行っています。

ポリッシングを行い、ステッカー類を貼りつけて完成しました。

 

この度はT様 誠にありがとうございました

 

Follow me!

(Visited 11 times, 3 visits today)