トヨタ ルーミー リサイクルパーツを使用した修理例

左、前後ドアとロッカーパネル、センターピラーの損傷を修理致します。

TANK、ダイハツトールも同じ車なので参考にして頂ければ幸いです。

ドアが噛みこんでいるので、切開してダメージを受けたドアを引き出すアライニング作業を行った後に開いています。

前後ドアを外し、フレーム修正機を使用する為、ボディーを固定します。

ボディーが動かないように固定を行ってから引き作業に掛かります。

各種クランプを使い分けて損傷部を引き出しています。

寸法が出たところで新品パネルと取り換えるためのカット作業に掛かります。

ボディー側と新品部品をピッタリ合うように切断されています。

最初は、半自動溶接機を使用して溶接作業に掛かります。

スパッタ(火の粉)がボディー、内装にダメージを与えぬようキッチリガードを行いました。

寸法表、他車から取った実寸データ等を使用して復元していきます。

半自動溶接を行っています、巣穴の空かない作業を心がけています。

ミミの部分をスポット溶接機にて溶接を始めました。

溶接作業後にパテ整形を行い二液型サフェーサーを塗装します。

サフェーサーを塗装しました、ミミの裏側は筆を使用してシールします。

サフェ硬化、サンディング後に水性アンダーコートの吹き付けを行いました

足付け、マスキングを行い塗装を始めます。

ドアパネルは同色のリサイクルパーツを使用する為、ボディーのみの塗装を行いました。

 

充電器をかけながらリサイクルドアの取り付け、診断機を使用した故障診断を行っています。

ドアの脱着等において故障履歴が残る場合が有るので各項目個別に点検を行いました。

ボカシ部、及びリサイクルパーツのポリッシングを行い完成しました。

 

この度はM様 誠にありがとうございました

 

 

(Visited 33 times, 1 visits today)