フォルクスワーゲンゴルフ ロックピラー修理例

ロックピラー部の板金修理と左前後ドアのキズ落としを行います。

 

ロックピラー下部に凹みが発生しています。

作業前にホイールハウス内の泥汚れを清掃しました。

車内に粉が入らない様に養生を行ってから作業に掛かります。

損傷部の塗膜を剥離した後にキズ奥にある取りにくいサビをサンドブラストを使用して完全に鉄板面を出しています。

スタッドチップとチェーンブロックを使用して損傷部をライン状に引き出しています。

通常のスタッドを使用し、細部を復元していきます。

鉄板裏側の塗膜を焦がさぬよう最小限の電流にて熔植を行います。

電気で先端がくっついた状態でスライドハンマーを使用し引き出しを行っています。

スタッド痕をサンダーで落とし、フェザーエッジを作ります。

亜鉛量の多めな外車なので亜鉛プライマー塗装後にパテ付けを行いました。

パテ整形が終わり、仕上げ用のパテ整形に移ります。

整形後、マスキングを行い、サフェーサーを塗装します。

加熱硬化後にサフェーサーを研ぎ、周辺部に足付けを行い塗装に移ります。

マスキングを行い塗装の準備が整いました。

塗装は部分的に行いました。

電気ヒーターを使用して加熱硬化を促進させています。

塗装ボカシ部と前後ドアをポリッシングしています。

コンパウンドを拭き上げ、ポリッシングが完了しました。

 

点検、清掃を行い完成しました。

 

 

 

 

 

この度はH様 誠にありがとうございました

(Visited 14 times, 2 visits today)